« Maserati MC12 Test Fiorano2004 | トップページ | SUZUKI Ignis S1600 #45 »

2006年5月28日 (日)

TOYOTA CELICA GT-FOUR (ST-185)

1993年のサファリラリー出場車です。ユハ・カンクネン仕様の#1です。93年といえばインプレッサの衝撃的なデビューとエスコートが意外にも速かった事が印象に残ってます。トヨタ勢は、オリーオルとカンクネン。容姿で言えばハゲか七三分けのヒゲかどちらかでしたので私は七三分けヒゲを選びました。カンクネンの繊細そうな走り方もすきでした。trofeuからは多数ST185はでてましたがほとんどが絶版。ixoがオリオールのセリカを出したときは「普通、カンクネンが先だろ!!」と憤慨いたしました。その後セリカの発売はありません。早よ出せ、ixoよ!!
ちなみに私、娘の名前をカンクネンに関係する事柄を捩ってつけました、ばか親です。

Trofeu


Trofeu2

〈おすすめミニカー・皆さんのお手元にぜひカンクネンを!!〉
ラリーカーコレクション SS.6 TOYOTA編 BOX(予約:メーカー希望価格より21%オフ!)

|

« Maserati MC12 Test Fiorano2004 | トップページ | SUZUKI Ignis S1600 #45 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99764/1979439

この記事へのトラックバック一覧です: TOYOTA CELICA GT-FOUR (ST-185):

« Maserati MC12 Test Fiorano2004 | トップページ | SUZUKI Ignis S1600 #45 »